So-net無料ブログ作成
検索選択

腹式呼吸は万能! [ボイストレーニング]

歌が上手くなるには腹式呼吸が必要です!
高い声が出るようになる、声量があがる、などなどいいとこ尽くしです!


なんてことはありませんΣ\( ̄ー ̄;)
知恵袋などを見ていると、あまりにも腹式呼吸を推す意見が多いです。
特に高い声の出し方、痛くなる喉の対処法の質問では頻繁に腹式呼吸のワードを見かけます。
はっきり言っておきましょう。

高い声を出すのに腹式呼吸は必要ない!

理由は、高い声は、喉・声帯レベルの訓練をした結果出せるものだからです。

具体的に言うと、高い声を出すのに必要なものは以下の2点です。

①裏声を出す筋肉を鍛える 
②声を飛ばす意識

ミックスボイスなどを身に付けるためにはこれだけでは足りないのですが、単純に高い声を出すだけであればこの2点で十分なのです。
更に言えば、②は意識的な問題なので、基本は①です。

弱々しい裏声→裏声の筋肉を鍛える→強い裏声が出る、これが高い声を出す手順になります。
そこからミックスボイスに繋げるには、裏声・地声更に練り上げる→喚声点クリア→地声と声質差をなくす→裏声域を地声で歌う→ミックスボイス、となるわけです。

腹から声を出しても高い声は出ませんし、腹式呼吸は必要ありません。
事実、僕も腹式呼吸の練習は一切していませんが、十分高い声が出るようになりました。

喉の痛みも、「喉を開く・声を張り上げない」を意識すれば改善される問題です。

以上のことから、高い声を出す・喉の痛みの改善に腹式呼吸は必要ないのです。

じゃあ腹式呼吸ってなんぞや?ってことになります。
個人的な意見で言うと、歌唱力の底上げです。
細かく言うと、高音発声・喉の開き、などいわゆる基本的な技術を身に付けたうえで+αする技術です。
要するに、腹式呼吸は後回しでよいので、それより先に身に付ける技術がたくさんある、ということです。

ですので、まずは必須の技術(高音発声、喉を開くなど)を身に付けることを優先しましょう。
それを身に付けたうえで腹式呼吸を覚えれば効果はあると思います。

一応言っておくと、先に腹式呼吸を身に付けてはダメというわけではありませんよ。
出来る分には何の問題もないと思います。
高音発声、喉の痛みの改善=腹式呼吸ではない、というだけです。
そこのところを勘違いしないようにしましょう。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

松崎

はじめまして まさゆきさんはミックスボイスを習得するとき 
裏声を鍛える[→]裏声と地声が繋がるようになる(喚声点は無い、高音は裏声)
[→]地声の練習をする[→]裏声域も地声の音色で発声できるようになる
という風に習得していったのですか? 
お忙しい中申し訳ありませんがお答えいただけると幸いですm(_ _)m
by 松崎 (2015-09-20 17:18) 

まさゆき

松崎様
初めまして、コメントありがとうございます。
私が習得した流れは、仰る通りで間違いございません。
1点だけ解釈を付け加えるならば、「裏声と地声が繋がるようになる」の部分を、「地声↔裏声の行き来はできるが、喚声点は明確にあり、不安定、尚且つ弱々しい」と認識していただければと思います。
今でもそうですが、喚声点付近は扱いに慣れてくるだけで、消えることは無いと思います。
by まさゆき (2015-09-23 21:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。